皆さんは配管の保温工事についてご存じですか。
あまり聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。
配管の保温工事はとても重要で、そのままにしておくと後々大きなトラブルに見舞われる危険性があります。
そこで今回は、配管の保温工事について、そもそもどのような工事なのか、そしてその必要性について解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

□配管の保温工事とは

まず、配管の保温工事とは、なんのために行う工事かを説明します。

保温工事の目的を説明するためには、そもそもの配管の役割を知る必要があります。
配管は、熱水や蒸気、ガスなどを特定の場所から、また別の場所に運搬するために使用されています。
運搬するものには熱があることが共通しており、その熱を保ったまま運搬し終える必要があります。
もし配管になんの工夫もなされておらず、そのままの配管が使用されるとすると、外の気温に影響されて運搬しているものの温度が変わってくるでしょう。

また、このように外気の温度の影響を受けると、配管に結露ができたり、凍結したりしてしまうという問題もあります。
配管に結露ができてしまうと、近くの壁材にシミができる原因にもなるでしょう。

このような外気からの影響を抑えるために保温工事を行います。
具体的には、配管を保温材で包むことで、配管の保温機能を高めています。
保温材としては、グラスウールやロックウールがよく使用されています。

以上配管の保温工事とはどのようなものかお分かりいただけましたでしょうか。
とても重要な工事であることをご理解いただけたかと思います。
次に配管の保温工事をしないとどのようなことが起きる可能性があるのかや配管の保温工事の重要性について解説していきます。

>>配管の結露防止に関する事例はこちら

□配管の保温工事の重要性について

これまで配管の保温工事とはなにかについて、説明させていただきました。
ここからは、配管の保温工事の重要性について、各項目に分けてより詳細に解説していきます。

*結露を防止する

給水配管や冷風を運ぶダクトに対して保温工事がなされていなかった場合は、配管の中を通る冷たいものに外気が影響されます。
外気に含まれている水滴が配管やダクトの周りで凝縮して水滴となる現象が結露と言われています。
結露によってできた水滴が天井に落ちると、天井にシミができてしまう可能性があるので注意する必要があるでしょう。
その他にも、結露でできた水滴が機械やロボットのに落ちることで故障に繋がる恐れがあります。
皆様の働いている工場で、水滴が大切な機械やロボットに落ちて、故障にでも繋がったら修理やメンテナンスに費用が掛かってしまいます。

保温工事を行うことによって、配管の温度が外気に影響を与えづらくなります。
結果として、結露による被害から前もって守ってくれます。

*凍結を防止する

屋外の給水管は、冬の時期氷点下になると凍結する恐れがあります。
万が一配管が凍結してしまうと、使用することができなくなってしまったり、最悪の場合は配管が破損する可能性もありますので注意しましょう。
配管が凍結してしまわないようにするためには保温工事が重要です。

*熱損失や熱吸収を防止する

配管内を温かいものが通っている場合は、外気の影響で冷たくなる可能性があり、配管内を冷たいものが通っている場合は、外気の影響で温かくなる可能性があります。
このように、せっかくエネルギーを使って温かくしたり冷たくしたりしたものが、外気の影響で温度変化を起こすと使ったエネルギーが無駄になってしまいますよね。

配管を保温工事することは、このようなエネルギーのロスを防ぐことにもつながります。
最近では、持続可能な発展を目指すべく、地球規模で環境問題について議論されるようになりました。地球環境の保全に貢献するためにも、保温工事はとても重要です。

*快適な環境を作る

配管の中には、温かいものや冷たいものが通っています。
それらの温度を変化させずに運ぶことは、我々人間の住環境を快適にする役割があります。

例えば配管から熱が逃げたり、吸収されたりすることが原因で、冷暖房の効果が悪くなっているかもしれません。
また、温かいお湯を求めているのに、ぬるくなったお湯しか出ないことの原因にもなっている可能性があります。
もしそのようなことが起これば、働く環境が快適でないと言えます。
このようなトラブルを防ぐために、保温工事が大切です。
保温工事は皆さんが快適に過ごすために役立ちます。

*火傷を防止する

配管の中を熱いものが通っていたとすると、配管自体も熱くなるでしょう。
間違えて熱い配管に触れてしまうと、火傷してしまうかもしれません。
このようなことが起こらないように、保温材で配管を覆い、そもそも配管に直接触れられないようにしておきましょう。

□まとめ

今回は、配管の保温工事とはどのような工事なのか、そしてその必要性について解説しました。
これまで保温工事のことをよく知らなかった方も、保温工事の重要性や必要性を感じていただけたかと思います。
配管の保温工事についてお困りの方はぜひ一度当社にご相談ください。

>>お問い合わせはこちら

関連記事