ダクト工事をしたいと思っているけど、業者の選び方がわからなくて困っている方はいらっしゃいませんか。

選ぶ際には、質の高い業者を選びたいですよね。

しかし、どういったポイントに気をつけながら業者選びを進めたら良いのでしょうか。

そこで今回は、ダクト工事をお考えの方へ、業者の選び方について紹介します。

 

□ダクト工事業者の見極め方とは

ダクトが壊れてしまって修理を依頼したいけど、どの業者に依頼するか迷いますよね。

どのようなポイントに気をつけて業者を選べば良いのでしょうか。

ここでは業者を選ぶ際の判断ポイントを8つ紹介するので、是非参考にしてください。

 

1つ目は、職人の技能に定評があるかどうかです。

当たり前ですが、ダクトの工事には設置作業からメンテナンスまで様々な技能が求められますよね。

そのため、経験豊富で確かな技術を持った職人や資格を有する職人が在籍している業者に依頼することをおすすめします。

 

一度安心して任せられる業者を見つけて長いお付き合いができれば、将来的にも安心ですよね。

 

2つ目は、業者の得意分野が工事予定の建物に入っているかどうかです。

選定した業者がどのような建物を中心に工事を行っているかを確かめましょう。

どのような建物とは、大規模なビルなのか、小規模の民家や店舗なのかということです。

ご自身が依頼する建物の特徴を踏まえた上で、業者を選ぶことも重要でしょう。

 

3つ目は、地元で長い歴史や実績を持っているかどうかです。

地域密着型であり、知識や経験が豊富な業者を選べば失敗の可能性をかなり減らせるでしょう。

地元での施工実績が多いと、地域との連携を上手く取っているため、優良業者と言えます。

 

4つ目は、設計から施工までをトータルで行なっているかどうかです。

こちらは、設計から施工までを依頼した際に、どちらかを外注するとなると、その分のコストが発生します。

そうなると、工事にかかる時間も増えてしまうでしょう。

設計から施工までの作業を全て一括で請け負っている業者を選ぶことをおすすめします。

 

ダクトの修理という観点からお話しすると、ダクトの設計から施工までを請け負っている業者を選ぶと良いでしょう。

ダクト工事は一般的に下請業者や協力会社など、複数の業者が連携して作業を行うことが多いです。

ダクトの設計から製造、施工までを請け負っている専門業者であれば、より質の高い修理をしてくれるでしょう。

 

5つ目は、ホームページの施工事例を確認することです。

具体的な施工事例が写真と共に紹介している業者がおすすめです。

どのような工事を得意としているかも把握できるため、必ずホームページを確認するようにしましょう。

 

6つ目は、見積もりに不安な点がないかです。

無料見積もりを拒否したり、口頭で概算を伝えてきたり、見積もり内容を省略したりしている業者には気をつけてください。

見積もり書を見た時に、工事内容をしっかりと把握できるかどうかはとても重要です。

わからないことがあれば必ず質問をして、疑問を解消しておきましょう。

 

7つ目は、現地調査を行なってくれるかどうかです。

見積もりを依頼すると、現地調査を行ってくれる業者がいます。

対象地域がある程度制限される場合があるかもしれませんが、そうした対応を行なっている業者は信頼できると言って良いでしょう。

 

8つ目は、ヒアリングをしっかりと行なってくれるかどうかです。

依頼する修理を専門としている業者を見つけることができても、お客様の要望を聞かない業者はおすすめできません。

ヒアリングをしっかりと行い、柔軟な対応をしてくれる業者がおすすめです。

 

以上が業者を選ぶ際のポイントです。

質の高い業者をしっかりと見極めないと、修理を依頼した際に後悔してしまうかもしれません。

今回紹介したポイントを押さえた上で、ご自身に合った業者を選べると良いですね。

 

□ダクト工事の流れについて

実際に工事を依頼したことがない方はどのような流れで工事が進んでいくのかがわからないですよね。

ここからはダクト工事の流れについて紹介します。

ダクト工事の流れは主に5つあるため、それぞれについて見ていきましょう。

 

1つ目は、電話やメールによる問い合わせです。

依頼する作業内容や工事予定の建物についてまとめておくと、打ち合わせの際に役立つでしょう。

 

2つ目は、担当の方による現地調査です。

現地調査を行い、ダクトの状況や周辺環境について調べることになるでしょう。

 

3つ目は、施工プランの提案や説明、見積もりです。

現地調査で得た情報をもとに見積もり書を提示させていただきます。

見積もり内容でわからないことがあれば、気軽にご質問ください。

 

4つ目は、工事の契約です。

見積もり書に納得いただければ、契約を行いましょう。

 

5つ目は、着工から完成、引き渡しです。

修理が終了すれば引き渡しを行います。

 

□まとめ

今回は、ダクト工事をお考えの方へ、業者の選び方について紹介しました。

業者を選ぶ際には、今回紹介した8つのポイントを参考にして、優良業者を見つけていただければ幸いです。

また、ダクト工事の流れを把握しておくことは重要でしょう。

わからないことや聞きたいことがある方はお気軽に当社までご連絡ください。

関連記事